moko-trip’s blog

旅行のこと、日々のこと。

【福岡旅行】楽水園が良かった

日帰りで福岡に行って来ましたのでその事について書いていきます。

前回のつづきです。

福岡 日帰り旅行

沖縄から福岡へ。

福岡空港から博多まで地下鉄で行き、

キャナルシティ博多→住吉神社→楽水園→櫛田神社と観て周りました。

 

よろしければ前回のキャナルシティ博多と住吉神社の記事もご覧下さい。

www.moko-trip.com

 

楽水園 (らくすいえん)

『博多商人の「粋」、茶の湯を愉しむ日本庭園。』 ※楽水園パンフレットより

  

 和室から日本庭園を眺めることが出来ます。

 

楽水園は塀があるので外からお庭が見えず、あまり目立つ場所ではありません。

下の写真が門になっていて、この塀と門を目印に行くといいかと思います。 

この塀は博多塀(はかたべい)といいます。

戦国時代、立て続けの戦乱で廃墟となりつつあった博多の町を豊臣秀吉が復興するとき、焼け石や焼け瓦などをつかった土塀をつくりました。これが博多塀です。

引用:博多区 HP

門を入ってさらに石畳道を進み、奥の方に受付があります。

受付側から門にふりかえって撮った写真です。

こちらでも写真左側に博多塀を見ることができます。

入園料 大人 100円

    小人   50円

 抹茶一服  300円

 

一番上の写真のお菓子と抹茶がいただけます。

 

伝統的な畳間の広い和室があります。

 受付で抹茶一服300円のチケットを購入すると、こちらでお茶を出してもらえます。

 

この日は外国人観光客の団体があるということで、途中で茶室に移動することになりました。

茶室 楽水庵

茶室 にじり口

(にじり口とは茶室にある小さな客用の出入口、かがんで入ります。)

私は正式な入口のにじり口ではなく、草履のある場所から出入りしました。

踏み石に置かれた草履も風情があります。

  

内側からのにじり口。

にじり口は通っていませんが、本格的な茶室に通されて抹茶をいただくことができ嬉しかったです。

掛け軸とお花。

雰囲気を味わいました。

お茶室、とても心地良かったです。

 

お庭

滝の流れる音も良かったです。

 

立派な鯉もいました。

 

■楽水園

 

Japanese Garden RAKUSUIEN(일본 정원 RAKUSUIEN)

2-10-7 Sumiyoshi,Hakata-ku,Fukuoka City,Fukuoka,Japan

 

櫛田神社(くしだじんじゃ)

 櫛田神社は博多祇園山笠まつりの山笠などがある神社です。

 

大きな縄が印象的です。

お参りします。

 

大きな鈴があり、振り動かして鈴を鳴らすのですが、なかなか鳴らずにおもいっきり何度か鳴らそうと奮闘しました。鳴らなければその行為だけでも良かったかなぁと今は思います。

 

桜門をくぐって上を見上げると恵方方位盤があります。

今年の恵方も確認しました。

また、本物の山笠の迫力に圧倒されました。

保管が難しいように思っていましたので、神社内に保管されていることに驚きます。

 櫛田神社には裏参道にも神社が多くあり、稲荷神社や楽水園で見た博多塀もあります。

 

神社の門の造りや大きな提灯、門幕に気持ちが引き締まります。

 

 

「博多廉売の碑」があり、スーパーマーケットの発祥は茲(ここ)博多であろうとありました。

 

櫛田神社は桜もとてもきれいでしたが、梅も見応えがありました。

写真左の南神門にあるしだれ梅がとてもきれいでした。桜門から入ると裏手になりますが、2月のこの時期に行かれる方は足を運んで下さいね。

写真真ん中と右上の拝殿に入る右側の梅は一瞬、生花と思えないほどの色味でした。目を引く鮮やかさでとてもきれいでした。

低い位置にある椿。裏参道側だったと思います。

 

 

前に書いた、きれいな櫛田神社の桜の様子もよろしければご覧下さい。

www.moko-trip.com

 

■櫛田神社

 

Kushida Shrine

1-41 Kawakamibatamachi,Hakata-ku,Fukuoka City,Fukuoka,Japan

 

今回の日帰り旅は、ブログにも書けるかなと思っていつも以上に写真を撮ってしまいました。

お付き合いくださり、ありがとうございます。