moko-trip’s blog

旅行のこと、日々のこと。

⑬【マレーシア・クアラルンプール】マレーシアKLの印象、行く前と後では!

マレーシアに着いてすぐに思ったことが、女性が頭にまとっている布がカラフルだ!という事でした。知識が乏しく、現地に着くまでイスラムの女性は黒い布をまとっているものだとばかり思っていました。少し暗いイメージを持っていました。

そんなことも含めてマレーシアについての行く前と後とでは印象が違った事柄について書いていきたいと思います。

あくまでも私個人の印象です。

malaysia kualalumpur

malaysia kualalumpur

2015年7月

 

ヒジャブ

イスラム教徒の女性が頭にまとっている布をヒジャブといいます。

 ヒジャブアラビア語حجاب英語Hijab, ħijāb)は、アラビア語で「覆うもの」を意味する名詞ヒジャーブペルシア語ではヘジャブとも。欧米諸国や、日本のメディアではムスリムイスラーム教徒)の女性がや身体を覆う布を指して使われることが多い。

 

ヒジャブ - Wikipedia

 

上記にも書きましたが、私はヒジャブは黒の色のみだと思っていました。しかし、街の中の女性の服装の色に関しては日本と変わらない気がしました。ヒジャブの色もカラフルです。露出は少ないと思いましたが皆さんカラフルな色をまとっている印象でした。特にKLCCはおしゃれな方が多かったように思います。 

 たまたまKLCCの若い方が多いショッピングセンター屋上で音楽イベントをしている所に出くわしました。ヒジャブや服装が開放的です。

 

マレーシアKL

マレーシアKL

 

上記写真は若い方が多いのでTシャツの方もいますが、男性は比較的襟付きのシャツで長ズボンできちっとした服装の方が多い印象です。

天候気候

私達が行った時の気温が31度くらいでしたが湿度が高くないのかサッパリしていて、あまり蒸し暑さを感じませんでした。また、スコールがあると思っていたのですが、滞在中はドシャ降りどころか一度も雨さえありませんでした。携帯傘を持っていたのですが使うこともなく。蚊が多いだろうと思っていましたが、時期にもよるのか乾期だったのか蚊やハエ、虫が全く気になりませんでした。蚊によるデング熱の媒介を心配して虫よけシートも持っていて外出時は付けて出たりしたのですが、不用だったみたいです。

ヘイズ

ヘイズとは主にインドネシアの野焼きや森林火災から発生する煙霧のことで、マレーシアなど近隣諸国にとどき健康被害のおそれがあるとされていました。子供達へ影響しないか心配していましたが、現地では全く気づきもせず時期が早かったからかもしれませんが、良かったです。

最近は記事でもあまり見かけなくなりました。各国がインドネシアに野焼きを控えるよう要請していたらしいので、その効果があったのでしょうか。

トイレ

前記事【マレーシア・クアラルンプール】⑤でも載せましたが、トイレが思っていたほど汚くなかったです。

トイレの写真がつづきますので苦手な方はここからはスルーして下さいね。

 

 

主人が撮ったので全て男子トイレです。

マレーシアKLトイレ

マレーシアKLトイレ

上の写真は空港のトイレです。

マレーシアKLトイレ

マレーシアKLトイレ

上の写真はホテルの共用部分のトイレです。綺麗です。

ショッピングセンターなどではトイレの入口付近に係りの方が立っていて設置されているトイレットペーパーを取ってから個室に入るように促された事もありました。トイレ自体はそこまで汚れてはいませんでした。

 

マレーシアKLトイレ

マレーシアKLトイレ

上記写真は日程3日目に現地の方に市内を案内してもらった際に寄ったガソリンスタンドのトイレです。汚くはないです。

前記事にも記しましたが、マレーシアではトイレットペーパーを使わずにホースで洗う習慣があり、床が水浸しになる事があると聞いていたので、トイレに関してはかなり心配していましたが案外大丈夫でした。行動範囲が空港、ホテル、ショッピングセンターだったのできれいだったのかもしれません。また、こちらのガソリンスタンドは、きれいな方かもしれません、良かったです。

 

www.moko-trip.com

 最後に

マレーシアKLに行く前は女性に対して閉鎖的な国だという印象を持っていたのですが、全然そんな事はなく、イスラムの女性がまとっているヒジャブもとてもカラフルでおしゃれに着こなしている印象でした。マレーシアは若い方が多い元気な国で、フレンドリーな方も多く、ぜひまた行きたいと良い印象をもちました。 

 

 

 

 

 

 

画像が拡大しない 記事一覧へ広告