moko-trip’s blog

旅行のこと、日々のこと。

【マレーシア・クアラルンプール】④家族旅行、食物アレルギー機内食

食物アレルギー機内食

食物アレルギー機内食



ピーナッツアレルギーの子の飛行機搭乗

 

前回の記事「食物アレルギーの子と行く家族旅行」のつづきです。ピーナッツアレルギーの子とマレーシア・クアラルンプールへ家族旅行へ行きました。

 

www.moko-trip.com

 

 

 

 

 

 

 

 書類

 ツーリストからアレルギーについての書類を渡され医師に書いてもらい提出するよう言われました。

英語で書かれていたので、かかりつけの小児科の先生に数日間預けて書いてもらいました。

 

 

エピペン

 

子供は「エピペン」という、アレルギー発症の場合の緊急措置用の注射器を常時携帯しています。

 

「アナフィラキシー補助治療剤」

日本薬局方アドレナリン注射液 エピペン 注射液

となっています。

 

      

エピペン

エピペン

 

 

上記写真は練習用です。有効期限が1年間で年に1回新しいエピペンを小児科に行き診察後処方してもらっています。毎回練習用のエピペンが付帯されていますのでそれを写真に撮りました。大きさを示す為に分かりづらいですが500円玉を手前に置いています。

 

 

エピペン所持についての説明書類

      f:id:moko-trip:20180808124811j:plain

上記書類はかかりつけの小児科の先生が作成してくれました。ツーリストから渡された書類とは別です。こちらは空港の手荷物検査の際にエピペンの説明用として、エピペンと一緒に毎回出してます。

この書類は、国内線に乗る時も用いています。

 

       

アレルギー有カード

 「私はピーナッツアレルギーです。」という事を

英語とマレー語と日本語で書いてあります。発音等の問題で言葉で伝わらなかった場合カードを見せるという事にしていました。

 厚紙に貼って三つ折りのカード式を自作しました。 

 

マレーシア航空

ツーリストにJALの航空券を手配してもらいましたが、実際乗ったのはJALのコードシェアー便でマレーシア航空となっていました。日本人のキャビンアテンダントさんいないだろうし大丈夫かなぁ~と多少不安の中乗り込みました! 

 

 

機内食

アレルギー対応の機内食を事前にお願いしていました。

機内食はアルミホイルに「NO PEANUTS」と書かれていてアレルギー対応食となっていました。

 

   

    f:id:moko-trip:20180808130727j:plain

 

一度アルミホイルを取ってしまい、写真を撮っておこうとまた戻したのでぐしゃぐしゃになってしまっています。

アルミホイルを取った後の写真が、この記事の1枚目の写真になります。

 

 

スナック

マレーシア航空搭乗中、スナックとしてピーナッツが出されたので、びっくりしました。子供はもちろん私も、もらいませんでしたが、主人はビールのおつまみとして、しっかり食べていましたよ。

 

最後に

ピーナッツアレルギーのある子とのフライトでしたが、年配のマレーシア人の男性のキャビンアテンダントさんに、とても優しくしていただき、行き帰りの便ともに何事もなく無事に過ごすことが出来ました。

 

 

※アドレスを日本語から英字表記に変えたため、付けて頂いたスターが消えてしまいました~~。すいません。

画像が拡大しない 記事一覧へ広告