moko-trip’s blog

旅行のこと、日々のこと。

⑩【マレーシア・クアラルンプール】マレーシアKL旅行子供が喜ぶ2ヶ所 その1

マレーシア・クアラルンプールで子連れファミリーにおすすめな場所のひとつは、KLCC水族館(Aquaria KLCC)です!

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

前回の記事の最後で少しお伝えしましたが、事前に予約していたペトロナス・ツイン・タワーに入場する時刻まで2時間ほどあったので、時間つぶしをしようと入ったKLCC水族館が子供達に思いのほか人気で、時間が足りなかったほどでした。そこについて書きたいと思います。

 

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

KLCC水族館への行き方

スリアKLCCの中にあると思っていたKLCC水族館には、なかなか辿りつけませんでした。そもそもスリアKLCCの中ではなく隣のビルKLコンベンションセンターの中でした! スリアKLCCからも連絡通路を通って行く事ができます。 連絡通路を進むとフードコートにぶち当たってしまい、水族館は見当たりません。一旦戻ってインフォメーションの方に「水族館はどこですか?」と聞いたところ「アクアリアは向こう」との返事。アクアリウムaquariumではなくアクアリアaquariaとの英語の発音もあり、別のお店を教えてくれてるのかな?と思ったりして、またまた連絡通路を行ったり来たりしました。

そうこうしている内に、もしかしてとフードコートで食事をしている方の椅子の間を抜けて行ってみると、その奥にKLCC水族館がありました!

英語で

aquarium=水族館

aquaria=水族館の複数形 

水族館の名称は「AquariaKLCC」だったのです!

いつもの珍道中です。。。。

地上に出てから向かった方が分かりやすく、早かったかもしれません。

前回の記事のKLCC駅を降りて地上に出たショッピングセンターAK側からだと、丁度ツインタワーをぐるりと廻って反対側の位置になります。

 

www.moko-trip.com

 

入館料 

さて、どうにかこうにか水族館に着きました。

入館料は日本円で家族4人分約6,285円(当時1RM32円)でした。

展示物

私達家族は地元の沖縄の「美ら海水族館」を見慣れているので、それほど大きな期待もせず、適当な時間つぶし場所のつもりで入りました。しかし、意外にも展示物が多彩で、移動も立体的だったりさまざまな趣向が凝らされていて、子供はもちろん大人でも十分楽しむことができました。

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

上の水槽の写真で裏側に上の方から降りてくる階段が見えます。

また、この後には水槽の下の透明な通路を「動く歩道」で進むところがありました。

昔、ドラマでこの手の水族館が出ていて東京の品川水族館に行きたいと思っていましたがなかなか行けず、やっとここで体験することが出来ました。

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

家族の写真を撮ろうと、動く歩道の横のスペースで立ち止まってシャッターチャンスを狙うという事をしていました。

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

エイのお腹側もこんなふうに見ることが出来ました!

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

KLCC水族館(Aquaria KLCC)

クラゲのコーナーです。壁画もカラフルで楽しい!

直にお魚に触れるコーナーもあって子供達は喜んでいました。

又、しっかりお土産コーナーもありましたよ。

最後に

私達は水族館の中のボリュームが分からずに入口から少し入ったところで時間をかけてしまったので、もう一度訪れてゆっくり観てみたいなぁと思いました。

有意義な時間をこの水族館で過ごすことが出来ました。

皆様にもおすすめです!