moko-trip’s blog

旅行のこと、日々のこと。

シンガポール&マレーシア・JB旅行③シンガポールから直通バス

シンガポールからマレーシア・ジョホールバルへ行くのに直通バスを利用してみました。

 
過去の夫婦二人の珍道中!
 
大変でした。。。。。
 
とにもかくにも行けたので、どなたかの参考になればと思います。
 
ルート

シンガポール・チャンギ空港➡ウッドランズ駅(ここでシンガポール出国手続きをする)➡JBセントラル(ここでマレーシア入国手続きをする)➡モレックパイン3(宿泊するコンドミニアム)

 

シンガポールチャンギ空港バスTS1乗り場へ。

2016年6月

 

 

 

 シンガポール・チャンギ空港出発
 
マレーシア・ジョホールバルまでの直通空港バスに乗りました。
Transtar Cross Border TS1 というバスです。
 
まず、チャンギ空港ターミナル2の地下のMRTのりばの駅でezlinkカード(日本のSuiicaやOKICAのような交通乗車用ICカード)を購入。
※MRTには乗りません。
 
そこから、バスの待期場所に行かなければならないのですが、場所が分からず、私達はターミナル2のフロアーを行ったり来たりしました。
 
案内板「coach(コーチ/バス)」を目印に行けばよかったのですが、空港シャトルバスや路線バスの案内版を見て、地下に行ってしまいました。
 
 
「Coach(コーチ/バス)」方向へ 一番端の出口を外へ出ます。
(キャッシュコーナーやトイレがあります。)
外へ出ると何台かバスが停まっているので分かるかと思います。
 
やっと見つけた~と
ほっとしたのもつかの間
 
バス停9ー10にTranstar Cross Border の表示がなく。。。
ほんとにこのバス停であってるの???
 
でも待っていると、ちゃんとバスがきました。
「Transtar Cross Border TS1」
始発の8時15分のバスに乗ることが出来ました。 ひと安心。
 
 
ウッドランズ駅(シンガポール出国)
 
シンガポールからマレーシアに行くには、国境を越えなければなりません。橋でつながっている両国、その橋の途中のウッドランズ駅にシンガポール出国管理があり、
チャンギ空港から乗ったバスは一旦そこで降りて出国手続きをします。その後乗ってきたバスが別の場所で待っているのでそれにまた乗るという仕組みみたいです。
 
出国管理は駅のイメージです。
バスで1階に着いたら、2階で手続きをします。
出国カードを書いて、両国の居住者の列とそれ以外の列に分かれているので、それ以外の方に並びます。
たくさんの人がならんでいるので結構時間がかかりました。
あげくに、私達夫婦はシンガポールに入国した時の入国カードの半券をスーツケースの奥にしまっていて、パスポートに挟んでいませんでした。。。
入国カードの半券を出すことが出来ず怒られましたが、どうにか通してもらいました。。。
たぶん日本人だから信用されたのではと個人的に思います。
 
出入国カード 赤い枠の長方形のカードです。
 
シンガポール空港に着いた時の入国審査の際に、スタンプを押された半券が返されているはずです。
半券の裏には重要通知「このカードをパスポート/旅券から取り外さないで下さい。出国審査の際、このカードを出入国審査官へ引き渡すことが義務付けられています。」と書かれています。
 
恥ずかしい。。。
 
私達だけかもしれませんがこんなことするのは。。。
 
ホントに珍道中でした。
 
その後、人の流れに沿って1階に降りバスに乗ります。
 
が。。。私達が乗ってきたバスが待っていません!!
 
 
ほんとに焦りました。私達と同じように欧米人らしき若いカップルもバスを探していて。
お互い、見つかった?などとつたない英語で言葉を交わしたりしたのですが、かなりイライラした様子でした。
 
私達は探すのをあきらめそこでしばらく立ちすくんで待っていると、私達が乗ってきたのと同じ「Transtar社」のバスが来たので(たぶん同じ会社のバス。。。)、マレーシアのイミグレーション(入国審査)へ行きますか?と運転手の方に聞いて乗り込み、どうにかマレーシアの入国審査の場所に行く事ができました。
 
さっきのカップルに知らせに行きたかったのですが、その間にバスが出てしまいそうで、知らせることが出来ませんでした。大丈夫だったかなぁ。
 
 
JBセントラル(ここでマレーシア入国手続きをする)
 
ここではマレーシアへの入国審査を受けます。
バスを降りて人の流れにしたがって進みます。こちらは入国だからでしょうか、目つきの鋭い審査官の方がいて、時折怒鳴り声が聞こえて、ビビってましたが、何事もなく通過することが出来ました。
 
このJBセントラルと、ショピングモールのシティスクエアは歩道橋で繋がっています。
 
私達はシティスクエアで買物をしたあと、宿泊先までのタクシーに乗るためのタクシーチケットを購入しようとJBセントラルへ戻ったのですが、タクシーチケットを売っている場所が見つからず。。。
 
タクシーチケット売り場はJBセントラルのシティスクエアに面した外側、バス停とは反対側です。
タクシーが並んで停まっている辺りにありました。
 
入国審査から出ると案内カウンターや両替所などがあるので、そこにタクシーチケット売り場もあると思っていましたが、そこではなく1階にあると教えられたので、1階に行くと、そこは路線バス乗り場で、流しのタクシー(白タク)に声をかけられたりしながら、あちらこちらとカウンターを探しました。やっと見つけたチケット売り場は意外にも外でした!路線バス乗り場とは反対側、小さな小さな宝くじ売り場のような所でした。
 
タクシーはエグゼクティブタクシーを利用。ブルーのとても綺麗なタクシーでした。
 
その日宿泊する「モレックパイン3」のコンドミニアムのゲートが何の用かと通してくれるか心配だったんですが、すんなりタクシーで中まで入る事ができ、無事到着する事が出来ました!
 
シンガポールチャンギ空港 8:15発 11:30頃コンドミニアム着(途中買物もしました)
 
子供を連れてない夫婦二人だけの旅行だったので、あまり下調べをせずに行き、ドタバタしてしまいましたが、どうにか宿泊場所に到着。バス乗り場やチケット売り場などが分かっていれば良かったなぁ~と思いました。